不動産広告のチラシデザイン

広くて綺麗な家に住めばよかった時代は終わり、近年では不動産に対するニーズも多様化しています。マンションであれば、立地は勿論のことデザインや管理方針を含めたブランドイメージがポイントになっています。また、戸建て住宅であればデザイン性や機能性が重要視され、それを更に推し進めた注文住宅など、購入者のニーズに合わせて広告展開も多様化しています。
俗に不動産広告と呼ばれるチラシにも、この多様化に合わせた創意工夫が必要になってきています。ファミリー向け物件、単身者向け物件、郊外型の物件、都会型物件、それぞれの要素を不動産広告のチラシデザインに反映させる必要があります。その結果として、近年の不動産広告のチラシには、使用している紙質を含め、より豪華でデザイン性の高い物が増えてきています。ロケーションのイメージを膨らませる事に主眼を置いたものや、人物モデルを使い生活スタイルのイメージ作りを優先したものなど、各社が工夫を凝らし、不動産をより魅力的に表現した広告・チラシ作りを行っています。
その一方で、不動産広告には様々な規制が設けられています。不動産購入は、非常に高価な買い物となり、もし広告の内容に偽りがあった場合、購入者は多大な被害をこうむる恐れがあるため、広告にはルールがあり規制されています。
http://www.fudousan-koukoku.net/
様々な規制の中で、不動産広告のチラシデザインに大きく影響するのは、「宅地建物取引業法」と「不当景品類及び不当表示防止法」によって禁止されている「誇大広告」です。他にも不動産業者が組織している「不動産公正地取引協議会」による自主規約「不動産の表示に関する公正競争規約」により、広告表示の開始時期、必要な表示事項、特定用語の仕様基準などが定められています。不動産広告のチラシは、これらの規制をクリアし制作されています。