ワイラー監督の作品には、

ワイラー監督の作品には、演劇を原作とするものが多く、反ナチの姿勢が有名な、米の女性劇作家リリアン・ヘルマン(1905~84)の戯曲「子供の時間」を原作にした『この三人』で、演劇的空間を、映画的空間に、精緻に置き換えることに成功し、ワイラーの演劇好き、ドラマの神様の基礎を築いたといわれる。ワイラー自身もこの成功を、誇らしく思っていたのか、同じ原作の狙いを換え、後年『噂の二人』として再映画化した。リリアン・ヘルマン好きは、ヘルマンの別の戯曲「子狐たち」も取り上げ、『偽りの花園』にした。シドニー・キングスレーの「デッド・エンド」も同題名の映画にしているし、『探偵物語』は、キングスレー戯曲の、二本目の映画化なのである。シリアスな、リアリズム調のアメリカ演劇(日本では「新劇」として扱われる)が、文学と並ぶ、或いはそれ以上の地位を獲得したのは、リリアン・へルマンが活躍を始めた、1930年代からで、その後1950年代まで、「演劇の時代」は続いた。当時はニューヨークのブロードウェイで、ミュージカルでないシリアス演劇が、次々とヒットを飛ばし、アメリカ文化をリードした。それを支えた作家群には、「ガラスの動物園」「欲望というな名の電車」「熱いトタン屋根の上の猫」などのテネシー・ウィリアムズ(1911~83)、「愛しのシバよ、帰れ」「ピクニック」「バス・ストップ」などのウィリアム・インジ(1913~73)、「セールスマンの死」「るつぼ」(映画化題名「サレムの魔女」)「橋からの眺め」などのアーサー・ミラー(1915~2005、一時マリリン・モンローの夫だったことで有名)らがいるが、あまり演劇通でない人でも、これらの作家名や、戯曲の題名は、聞いたことがあるという人が多いはずで、それほどまでに、当時のブロードウェイのシリアス演劇は、ポピュラーで、隆盛であったということである。そしてこれらの戯曲は、すべて映画になっている。シドニー・キングスレーも、こうした「演劇の時代」の劇作家の一人で、「探偵物語」も、そうしたシリアス演劇の流れの中での、名作戯曲の一本で、ワイラー作品は、それの映画化なのである。『探偵物語』(邦題も原題も「探偵物語」)が、「探偵もの」であろうと「刑事もの」ものであろうと、こうした演劇の時代の秀作として、まず捉えておく必要があるだろう。

他の社会保険である失業保険や労災保険は、

戦前はなかったのだが、昭和22年に施行された新憲法の第25条で、国に、国民に対する社会保障の義務があることが、定められたため、やっと公営保険として発足した。一番後から発足した公営保険、介護保険制度は、社会の高齢化が問題となってきた、2000年(平成12年)4月1日からであることは、大方の記憶に新しいところである。
もう一つ、損害保険の一種である自動車の自賠責保険は、自動車の物損だけでなく、人身事故にも対応し、生命保険や傷害保険、医療保険の要素も加味された、特殊なものとして存在するが、物損用の自動車保険は、わずか全国で1000台くらいの車しかなかった大正時代から、海上保険の陸上版のような形で、既に存在していたという。それが今のような自賠責保険の形になって、車を所有する者に、強制的に加入する義務が課されたのは、昭和31年(1956年)であって、交通事故の多発が、社会問題になり始めた頃である。この分野の保険会社や団体は、今、国内資本や外国資本の営利目的の損保会社や、共済組合など団体の自賠責保険など、50社前後が入り乱れているらしい。勿論この自賠責保険が、隆盛になったのは、誰でもが自家用車を持つようになった、昭和40年代以降の、車社会の到来によってである。

不動産広告のチラシデザイン

広くて綺麗な家に住めばよかった時代は終わり、近年では不動産に対するニーズも多様化しています。マンションであれば、立地は勿論のことデザインや管理方針を含めたブランドイメージがポイントになっています。また、戸建て住宅であればデザイン性や機能性が重要視され、それを更に推し進めた注文住宅など、購入者のニーズに合わせて広告展開も多様化しています。
俗に不動産広告と呼ばれるチラシにも、この多様化に合わせた創意工夫が必要になってきています。ファミリー向け物件、単身者向け物件、郊外型の物件、都会型物件、それぞれの要素を不動産広告のチラシデザインに反映させる必要があります。その結果として、近年の不動産広告のチラシには、使用している紙質を含め、より豪華でデザイン性の高い物が増えてきています。ロケーションのイメージを膨らませる事に主眼を置いたものや、人物モデルを使い生活スタイルのイメージ作りを優先したものなど、各社が工夫を凝らし、不動産をより魅力的に表現した広告・チラシ作りを行っています。
その一方で、不動産広告には様々な規制が設けられています。不動産購入は、非常に高価な買い物となり、もし広告の内容に偽りがあった場合、購入者は多大な被害をこうむる恐れがあるため、広告にはルールがあり規制されています。
http://www.fudousan-koukoku.net/
様々な規制の中で、不動産広告のチラシデザインに大きく影響するのは、「宅地建物取引業法」と「不当景品類及び不当表示防止法」によって禁止されている「誇大広告」です。他にも不動産業者が組織している「不動産公正地取引協議会」による自主規約「不動産の表示に関する公正競争規約」により、広告表示の開始時期、必要な表示事項、特定用語の仕様基準などが定められています。不動産広告のチラシは、これらの規制をクリアし制作されています。

心理セラピー(心理療法)について。

東京は毎週出かけています。日帰りの東京も悪くありません。
心理セラピー(心理療法)を友達から薦められました。品川区小山のタオルーム。目黒から3分の武蔵小山にあるそうです。博多では心理セラピーに通っていたことがありますが、東京で心理セラピーを受けたことはありません。
それにしてもipad欲しい病が再発(+。+)アチャー。
ちょっと出かけてきます。