スツールに合う素材

アジアン家具の魅力と言えば自然の素材です。籐やチーク材、バンブーといった素材を思い出す人が多いと思います。”木の宝石”とも言われるチーク材は東南アジアが原産でありながら世界最高級の木材です。スツールは光沢、木、色など、リビングなどに置いても違和感がなく、ピッタリです。木が素材なので細部のデザインも様々で、根気よく探せば自分にピッタリの物を見つけ出せます。アジアン家具の魅力であるリゾートを思い出させる雰囲気は解放感があり、部屋にあると癒される空間を演出してくれます。スツールは座ってよし、インテリアとして置いてあってもよしでおしゃれなのに比較的リーズナブルなのは何といっても最大の魅力でしょう。もう一つ、アジアンな雰囲気の象徴の素材があります。それはウォーターヒヤシンスです。名前は知らなくても写真で製品を見たら”これか!”と思うはずなほど見た目で言えばメジャーでしょう。こちらもリーズナブルですが通気性もよく、スツール素材としてはぴったりです。アジアン家具に魅力を感じる人は恐らくアジアのリゾートホテルなどのイメージを少なからずイメージしているので、チークなどの木材だけでなく、籐やウォーターヒヤシンスもプラスされたスツールはお勧めです。
イタリーバースツール
http://corigge-market.com/?mode=grp&gid=1049656

石井準一 ニュース速報goen.daa.jp